FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Ena-01
所属:ノイエ・シルチス
身分:騎士
ハイランダー
剣聖
ファティマ:チャンダナ
クラトーマ
MH:プロミネンス
性別:女性
剣技:分身攻撃
リング・スライサー
サロメ・スライサー
ダブル・ヘクサグラム
  


慧茄(エナ)・ダイ・グ・フィルモア(2747~)

人物 編集

先々代のフィルモア皇帝ダイ・グ・フィルモア4世の皇后、即ち太皇太后宮(おおいおおいきさいのみや。「太后宮」と略される場合もある)であり、前剣聖且つ元ハイランダー。曽祖父に純血の騎士ナッカンドラ・スバーズを持ち、代々有名な騎士や有力なダイバーを輩出する「純血の騎士」の家系に生まれ、元剣聖デイモス・ハイアラキは伯父に当たる。ダグラス・カイエンが一時行方不明になったことから再び剣聖となり、フィルモア帝国の覇権に貢献した。 3031年現在は高齢のために騎士を引退したが、非公式に魔導大戦にも新型MHファントムを駆り、リハビリと称してロッゾ騎士団1個師団を全滅させている(公には足腰は弱り介添え無しでは立つ事も出来ず当然剣を持つ事も出来ないとされているが現職の帝国上層部はそれが真っ赤な嘘だとある程度は知っていると推測されるが詳細は不明。帝国老人クラブの面々がたまたま知らなかっただけかもしれない)。かなりお茶目なお婆さんであり、孫であるダイ・グをたびたび困らせている。パートナーはバランシェ・ファティマチャンダナだったが皇帝即位するダイ・グに譲り、レーダー8世のパートナーであったクープ・ファティマクラトーマを新たにパートナーとして迎える。

ギャラリー 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は慧茄・ダイ・グ・フィルモアにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki