FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Dragoon1.jpg
身分:黒騎士
騎士
ファティマ:エスト
性別:男性
  

ロードス・ドラグーン

人物 編集

2代目黒騎士。初代黒騎士ツーリー・パイドルは初戦で死亡したため、黒騎士として世に知られた最初の人物である。筆頭騎士を返上し流浪の生き方を選んだ人物でもある。その剣技と人格で剣聖デイモス・ハイアラキと並び賞され、複数の国家で剣指南役を務めた剣豪。雰囲気にただならぬモノを感じ取りアマテラスを嫌うが、その分身であるレディオス・ソープには好感を持っていた。

カラミティ星に隠棲していたモラード・カーバイトを訪問中、フィルモアラルゴ・ケンタウリとの因縁で倒れたコーラス23世と出会う。その後コーラス23世と共に世界を旅して回り、師となった。コーラストリオ騎士団でも指南役として迎え入れられ、コーラス-ハグーダ戦にも参加。コーラス23世の娘セイレイも師事した。カステポーで出会ったデコース・ワイズメルの素行を正そうとしたが返り討ちとなる。急所は外れていたものの、ロードスは「剣で完敗した騎士に医者は無用」と言い残し、そのまま潔い死を選んだ。

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロードス・ドラグーンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki