FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Meeth-03.jpg
身分:ファティママイト
フェイツ公国伯爵
代表作:アルファ
パロッサ
ビューリー
シオン
性別:女性
コミックス登場:4、9巻
  

ミース・シルバー・バランシェ

人物概要 編集

クローム・バランシェの養女でフェイツ公爵家の後継者。カーマントー星の労働者の家に生まれ、父親の死後カステポーシーブル(のちのバッハトマ)の境にあるツァイハイ自治区メトロ・テカ・クロム鉱山に移るがそこで母を失い、反ウースー国ゲリラ首領の女性「A.T.」(=アトロポス)に育てられる。A.T.の失踪後はダグラス・カイエンによってクローム・バランシェの許に預けられ、そこでマイトとしての才を見出される。バランシェの死後、その名を継ぐファティマ・マイトとなる。一般には「バランシェ伯」と呼ばれている。

いわゆる「女傑」の多いF.S.S.の女性キャラクターには珍しく穏健で献身的な人物だが、恩人であるカイエンに対する感情は尋常ではなく、その事が、クロームから引き継いだMAXIMUMのプログラムを完成させ、星団暦で初めての「純血の騎士」=のちの剣聖マキシマム・ハルトフォラス(マキシ)を自分の子として生むという行動に彼女を駆り立てる動機となった。

2997年モラード・カーバイトの助手としてワンダン・ハレー脱走事件に巻き込まれ、ハスハ・スクリティ隊が起こした山火事に遭遇するがモラード・ファティマビルトに救われ、その行動に何らかの影響を受けた模様。3010年ハスハ入りし、自身の子宮をファティマのそれに置換するなどマキシ誕生の実験を行う。魔導大戦開戦後、死を予期したカイエンから光剣を託されハスハ王宮からの脱出を促されるが、カイエンのパートナーを解除されたアウクソーの精神崩壊もあってすぐには動かず、王宮で負傷者の治療やファティマのケアに当たり、その後昏倒したデプレ皇子のいるスバース市に向かう。いかなる経緯を辿ってか3075年ハスハント解放戦の時点ではアウクソーともども王宮に監禁されている模様。

ギャラリー 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はミース・シルバー・バランシェにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki