FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Empress-flame-01
性別:女性
  


ナ・イ・ン(泰皇帝、炎の女皇帝)

人物 編集

星団暦以前のAD世紀に星団を統一していた「ファロスディー・カナーン超帝国」の9代目の女帝(AD9)。超帝国の最盛期を築いた名君といわれている。4つあるダイバー能力を全て持つだけでなく、身体能力は純血の騎士すら上回る。数々の新しい科学を生み出すも、星団に現れたスタント遊星へと遠征し、その為に肉体を捨て光子結晶に精神を移して無限の命を手に入れたが、彼女ら一行はそのまま行方不明となったという。AD世紀末期8383年、スタント遊星と共に星団へ帰還した際、圧政に苦しんでいたカラミティゴーダース星スパチュラー国の民衆を助ける為に太陽帝国(後のフィルモア帝国)の使者として出現した純血の騎士ネッド・スバースを助け、スパチュラーを滅ぼした。その後スバース天照家初代皇帝レディオス・フォーカスライトに託す。

魔道大戦が勃発したと同時にアトールの巫女ムグミカ自身により自らの死をもって召喚され、超帝國純血の魔道士ボスヤスフォートを撃退。現在はフェザー・ドラゴンの幼生「楊貴」に憑依している。しかしナ・イ・ンの召喚意図は、魔道大戦の終結ではなくアマテラスという神と人類との対決に備えることだった。アトール王朝の旗騎MHジ・エンプレス・オブ・フレーム(炎の女皇帝)」は彼女を模した物である。

ギャラリー 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はナ・イ・ンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki