FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Bosjathfort-02.jpg
身分:バッハトマ皇帝
  

ディス・ヒフツェン・ボスヤスフォート(~2121,2992~)

人物 編集

バッハトマ皇帝。超帝国の血を引く純血のダイバーを自称しており、実際に現在では失われた筈のダイバーフォースを有している。かつてダイバーズ・パラ・ギルド当主の座を求めて天照命(ミコト)に戦いを挑むが、その息子レディオス・ソープの神力の前に敗北し、ソープにより次元の狭間に送り込まれる寸前に天照の命に制止され、肉体を失う。以後「憑依の法」によりダイバー達の精神の片隅に取り付いて生き延び、小国シーブルの宰相ディ・バローを操って L.E.D.ドラゴンすえぞう)の「命の水」で本来の能力を取り戻し復活する。復活後はシーブルを乗っ取ってバッハトマを興国、黒騎士デコース・ワイズメル率いる騎士団とビューティ・ペール率いる魔導軍とを組織する。3010年デコースペールと共にA.K.D.フロート・テンプルを奇襲してミラージュ騎士団を事実上壊滅させるも、メル・リンスによって重傷を負わされる。その後、バッハトマが国力を付けたことで3030年ハスハに侵攻し、星団中を戦渦に巻き込む魔導大戦を引き起こす。その目的は超帝國の血筋でないものがのさばるのを不愉快に感じていたからと言われている。ハスハへの宣戦布告と同時に自らハスハの王宮に出現しダグラス・カイエンムグミカ・アトールを殺害、マグダル・ビートをも倒し、コレット・ラオ・クルールを自決に追い込むが、最後の力を振るったムグミカに召喚されたナ・イ・ンの火焔により再度重傷を負う。アマテラスの正体を見抜き、アマテラスにとって自分をはじめ人類は虫けら同然と見ており、魔導大戦もアマテラスにとって取るに足らないものだと指摘する(ただし自身の正体について自覚のないアマテラスには詭弁と評されている)。

読者視点での悪役として描かれてはいるが、他人に対して礼節は欠かさず、無名であっても実力のある人材を多く登用するなど王としての品格は備えた人物である。逆に言えば、作中においては絶対的な「悪」や「魔王」といった存在ではなく、あくまで新興国の君主でありダイバーにすぎない。

ギャラリー 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はディス・ヒフツェン・ボスヤスフォートにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki