FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Arr-01.jpg
性別:女性
  


アルル・フォルテシモ・メロディ4世

人物 編集

コーラス分家メロディ公爵家の王女だったが、父ピアノアトールの巫女ナトリウム・フンフトと不義の子(ナトリウム・シング・桜子)を成した事でメロディ家は取り潰しとなる。その後諸国を放浪し、一時イズモ・アストロシティに身を寄せていたが、後のアトールの巫女マグダル・ビートの意を受けたハスハの騎士ロータス・バルンガにスカウトされ、マグダルの傭兵となる。その流れで魔導大戦ではハスハ・アトールの騎士として活躍するが、メロディ家取り潰しの経緯やコーラス-ハグーダ戦争の後遺症、さらに大伯父にあたる剣聖ハリコン・ネーデルノイドの神騎エンゲージ・オクターバーSR.1を持ち出した事から、国賊としてセイレイ・コーラスに追われる身であり、それにハスハが巻き込まれることを憂慮している。その生い立ちのせいか、仲間に自分のことで迷惑が降りかからぬよう全て背負い込みがちで、また自分を「悲劇のヒロイン」だと思いこむ傾向がある。

現在、白と黒の一対の懐園剣のうち「白い剣」は彼女が所有している。弟子に同じコーラスの王子で、コーネラ帝国騎士団長となったマヨール・レーベンハイトがいる。パートナーはアルセニック・ファティマラ・ユリケンヌ

肌が色黒であることを気にしており、服は全てUVカット、出撃前には数時間かけて美白メイクを行い、ヒアルロン酸を毎日欠かさず飲んでいる。しかしコーラス王家の血筋は色黒の人物が多いので徒労に終わる事がほとんど。セイレイとの口喧嘩により水虫である事が星団中に暴露されている(本人は否定)。

ギャラリー 編集

脚注 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアルル・フォルテシモ・メロディ4世にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki