FANDOM


プロフィール
テンプレート:Colour
Amaterasu1.jpg
身分:ファティマ/MH・マイト
ファティマ:ラキシス
代表作:ナイト・オブ・ゴールド・ラキシス

ナイト・オブ・ゴールド・シュペルター
オージェ・アルスキュル
ナイト・オブ・ゴールド・AT
バイナス
ホーンド・ミラージュ
ベルゲ・ミラージュA
ベルゲ・ミラージュ B
カヴァード・ミラージュ
イーエス
イーエル
イーノウ
ルージュ・ミラージュ
レッド・ミラージュ
レッド・ミラージュ・バビロンズ
サポート・レッド
クロス・ミラージュ
クロス・ミラージュ♂
クロス・ミラージュ ♀
ヤクト・ミラージュ
ヤクト・ミラージュ・L
ヤクト・ミラージュ・R
フレイム・ミラージュ
テロル・ミラージュ
クルツ・ミラージュ
ルクス・ミラージュ
ルガー・ミラージュ
ワンダースカッツ
クラウドスカッツ
スピード・ミラージュ
ゴウト・ミラージュ
プレシジョン・ミラージュ
ハイドラ・ミラージュ
デストニアス・ミラージュ

MH:ザ・ナイト・オブ・ゴールド
年齢:1000歳を超えている
性別:男性
声優:堀川亮
  

アマテラスのミカド天照帝)は、永野護漫画ファイブスター物語』の主人公である架空のキャラクター。ジョーカー太陽星団イースター太陽系惑星デルタ・ベルン全土を占める国家連合体A.K.D.(アマテラス・キングダム・ディメンス)の光皇[1]である。数々の神技と不滅の肉体を持っている。フルネームは天照・ディス・グランド・グリース・エイダス・フォース(天照家第84代の男帝)。他の天照の者との区別のため「エイダス・フォース」(84代目)と代数で呼ばれる事もある。

設定 編集

星団暦2020年、母親(先代帝であるアマテラスのミコト)の処女懐胎により誕生したと言われる[2]。白皮症(アルビノ)であり、純白の肌と頭髪、真っ赤な眼を持つ。不老不死で物語開始の時点で1000歳を超えているが外見は100歳前後(地球人の20代)にしか見えない[3]。星団随一の美貌と頭脳、そして最強の騎士とダイバー(魔導士)の力を持つ(この双方の能力を持つ者は「バイア」と呼ばれる)。生まれつき感情というものを持っておらず、一見人間らしい立ち振る舞いに見えるのも、幼少時より母親に教え込まれたり自ら学習したりした「人間らしい」反応をTPOに応じて取捨選択し、表しているに過ぎない(一種の哲学的ゾンビといえる)。ただそれ故に為政者としては公平かつ合理的な政策を執り、内外の圧倒的な支持を得ている。母国グリース全土の所有者であり、星団一の財力の持ち主でもある。モーターヘッド(MH)マイトとファティママイトの資格を有し、小型高出力のスーパー・イレーザーエンジンやそれを搭載した強力なモーターヘッド「ミラージュ・マシン」の開発、浮遊城フロートテンプルの建造など、多くの科学的業績を残している。

彼には親友と呼べる者は現在に至るまで4人しかいないという。内2人は星団暦3031年(単行本第12巻)の時点で他界している。一人はファティママイトであるクローム・バランシェ(クローム・アイツ・フェイツ・バランス・エルフ)、一人はジュノー星にあるコーラス王朝の元首であるコーラス23世(コーラス・サード)。そしてアドラー星にあるトラン連邦の大統領ミッション・ルースミラージュ騎士団総司令のファルク・ユーゲントリッヒ・ログナーである。

彼は生涯で二人の妻を娶った。最初の妻はダイバーズ・パラ・ギルドの強力なダイバーであったメル・クール・リトラであったが、アマテラスの力の影響により早世している。2988年、バランシェの44体目のファティマであるラキシスを新たに迎えるが、カラミティ・ゴーダーズ星崩壊時に行方不明になっている。後に緑の惑星「フォーチュン」にてラキシスと再会する。なお彼に生殖能力があるのかどうかは定かでないが、ラキシスと再会後に娘カレンを儲けるまで子供は無く、カレンも通常の生殖とは異なる(我々の常識や知識では理解不能な)出現をしたと言われている。

幼い頃のラキシスと交わした約束を守り、彼女の為だけに作ったMH「K.O.G.(ナイト・オブ・ゴールド)」は、全身が金色に輝く(実際装甲にがインサートされている)最強クラスのMHである(実際にはMHではなく、それを超越した神の一つという位置づけ)。天照とラキシスの駆るK.O.G.に勝てる者は、バランシェの末娘クローソーの駆るMH「ジュノーン」以外には存在しない。

あまりに強力なMHレッド・ミラージュをもって全星団を武力制圧するが、やがてコーラス6世を中心とする反乱軍の前にA.K.D.が滅亡するのを見届けると、時空の彼方へ飛ばされたラキシスを追って旗艦「ウィル」で星団を去る。

彼はFSSという神話を統べるであり、一見ダイバーパワーや騎士の力に見える能力も全て神の力であるが、ジョーカーの人々にはその事は知られていない[4]。ただしボスヤスフォートやダイアモンド・ニュートラル、ムグミカ・アトール[5]などは彼が尋常の存在でない事を薄々感じている。その肉体は不滅であり、たとえバラバラにされたり燃やされて灰や気体になっても瞬時に再生される(むしろ「死ぬ事が出来ない」と劇中で自身語っている)。更に他の死んだ人間を生き返らせる事すら可能であるが、母ミコトの言いつけを守り、ジョーカーにおいては自身に対する場合を除きその力を封じている。他にも後述の分身体や異界との扉を開く「次元回廊」など多くの超神技を持つが、それでも56億7千万年後に発現する最終形態・天照大神天照・ディス・グランド・フォーチュン・エイダス・フォースに比べれば遙かに非力な存在であり、劇中でも本来しもべである全能神ジョーカーにその力を一時的に封じられている(第4話)。なお星団暦2020年のアマテラスの出現自体が天照大神によりプログラムされたものであり、因果律を超越した存在である。

反面、神であるゆえか論理飛躍をすることはできない模様(要するにカンが非常に鈍い)で、第4話で国許の心配をするアマテラスにアトロポスから「城にはラキシスがいるので大丈夫」と言われても理解できなかった。ラキシスの持つ神の力についても気付いておらず、彼女については「庇護すべき未完成のファティマ」という認識しか持っていない模様。本来アマテラスとラキシスしか起動できないヤクト・ミラージュをラキシスが単独で起動させシャフトとパルテノに託したことに関しても、シャフトらミラージュ騎士団左翼大隊が彼女を脅迫して起動させたものだと勘違いしていた。また、本当に些細なことは気にしないところがあり、プリンセス・タイトネイプのミラージュ入りの件でダイアモンド・ニュートラルと泰千錫華がフロートテンプルに乗り込んだ際には、(タイトネイプに無理やり引っ張られる形だったとはいえ)正装ではなくMH調整作業直後の汚い身なりのまま会いに行ったりしている。

パートナーであり、公的には義妹でもあるラキシスに対しては普段の冷静公平な彼からは考えられないほど甘い態度を取り、幼少時代の彼女の言葉を真に受けてK.O.G.を建造したことに始まり、彼女のお披露目に影武者を立ててまでお忍びで近づく、ハグーダ戦役や魔導大戦などの戦場にも彼女に請われるまま連れ出す、そのために側近に影武者や実務を押し付ける…等々の振る舞いが目立つことから、影で、また時には半ば公然と「星団最強のバカップルと揶揄されている。

これだけの権力・財力・能力を持ちながらも、神であることやラキシスの正体などが知られていないこともあって、ジョーカーの大衆からは「凄い人だということを忘れるほど情けない」「見ていて面白い」「凄く色っぽい」などと思われている。

分身 編集

アマテラスは4つの分身を持ち、身分を隠して星団のあちこちに出没する。本体であるアマテラスとは別人格でそれぞれの個別の意思を持っている。

ソープとソープ’はアマテラスの「分身」というよりは「変身」で、アマテラス、ソープ、ソープ’が同時に現れる事はない(3つの人格が1つの肉体を共有しているような状態。アマテラスとソープは記憶も共有している様子)。なおアマテラスからソープへの変身は、表向きは「薬を使って変身している」ことになっているらしい[6]。メル・リンスと東の君に関してはアマテラスと同時に出現することがあるが、分身が戦闘に参加する際はその間アマテラス本体が行動不能に陥る模様[7]

以下の分身は一般にはアマテラスとは全く別人として扱われているが、国家元首級の人物の間ではこれら分身(特に2人の「レディオス・ソープ」)とアマテラスが同一人物であることが公然の秘密となっているようで、作中でもそのことを示す台詞がしばしば登場する[8]

レディオス・ソープ(LADYOS SOPP)
ソープ’(ソープ・ダッシュ
メル・リンス・ウザーレ・ターマ
東の君(あがりのきみ)

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. 「光皇」は尊称。国家元首としての正規の肩書は「グリース王国国王、天照王朝皇帝、デルタ・ベルン代表永世大統領」(設定集『F.S.S.DESIGNS 1』より。単行本第5巻では「グリース王国国王、A.K.D.総帥、デルタ・ベルン最高統治大統領」となっている)。
  2. 実際には完全な無の状態よりミコトの胎内に出現し、ミコトをはじめとする天照家の遺伝子情報をコピーして誕生した(『F.S.S.DESIGNS 1』より)。
  3. 成人した時点で肉体の成長を止めたため。生後も数年間は自ら仮死状態に止めていた。そしてその間をジョーカー太陽星団の情報の収集に費やした。
  4. 劇中で人々が彼を「光の神」と呼んでいるが、これはあくまで尊称であり本当に神であるとは知る由もない。
  5. ムグミカの場合は超帝國皇帝ナインや歴代アトールの巫女の記憶を受け継いでいる事から何らかの情報を知っている可能性もある。
  6. 第1話でラキシスの目の前でソープからアマテラスに戻る際に、アマテラスが「そろそろ薬が切れる頃だ」とつぶやくシーンがある。
  7. 第5話エピソード10では、ボスヤスフォート迎撃のためメル・リンスを出現させるにあたり、アマテラスが「意識を失うので、しばらく周囲に人を近づけないで欲しい」と側近に頼んでいる。が、実際には意識を失うというのは方便で、アマテラス、メル・リンス、東の君の3人をフロートテンプルに出現させることは可能だった。
  8. 第2話でソープとボード・ビュラードがコーラス23世の許を訪れた際に、リザート・マイスナーが「星団三大巨頭会談が行われている」と周囲の人物に説明したことがある。また第5話エピソード10では、フロートテンプルに侵入したボスヤスフォートが迎撃に出現したメル・リンスに対し「メル・リンス、いや天照!」と叫ぶシーンがある。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアマテラスのミカドにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki